どうすれば東京の合唱団に入団できるか説明します

既に21世紀を迎えて久しい今、日本に於いても生活の多様化に合わせ、人々の暮らしも変化し、個人の好みによる趣味もまた幅広い選択肢から選べる様になりました。そんな中、近年ストレス発散にもなると注目を集めてきているのが合唱です。元から合唱に興味があった人だけでなく、かつてはカラオケで満足していた人達が更なるステージを求めてたどり着いたのが、この合唱団とも言えます。さて、これら合唱団ですが、日本中にたくさんあり、もちろん東京にも数多くの団体が存在し活動しています。
さて、この合唱団に入ってみたいなという人はどうすれば入ることが出来るのかと言いますと、一つはオーディションに合格して入団する方法と、もう一つは、主に児童合唱団に多く見られる形ですが、特に試験などを受けなくても、入団希望を伝えることにより原則として入団することが出来るというものがあります。

オーディションによる東京の合唱団入団方法について

さて、オーディション形式による合唱団への入団方法については、合唱団で最も一般的に用いられる方法で、当然のことながらそのオーディションで参加者に求められるレベルというのは、試験を行う合唱団の実力に比例していると言えます。
例えば、長い歴史を持ち、長年国内外で活動してその名を広く知られている東京交響楽団専属のアマチュア合唱団である東響コーラスでは、はっきりと募集対象について「実力者求む」と明記しています。ですので、この東響コーラスのオーディションを受けるにはセミプロに近い実力を持っているということが最低限求められていると言え、こちらを目指すには実力はもちろんのこと、本格的に合唱に取り組みたい、或いは将来的にプロになることも視野に入れているといった人向けと言えるでしょう。逆に市民レベルで活動している楽団付属の合唱団などの場合ですと、審査もそこまで厳しくなく趣味で合唱をしたい人でも大丈夫でしょう。

オーディションを受けずに東京の合唱団に入団するには

ちょっと趣味として合唱団に入りたいという人であれば、オーディションを受けてまではと思うのが普通でしょう。しかしオーディションを受けずとも入団出来るところはあります。児童合唱団などの場合は、年齢制限などで問題がなければ、原則、希望した人が誰でも入団出来るというところが多いのですが、社会人を対象とした合唱団の場合でも、そういった形で入団出来るところも探せば結構あります。
年齢や性別で制限などをしないで全パートを募集しているところももちろんありますが、入りやすさ、入団後の馴染みやすさという点から考えると、ある程度年齢的に近い人達が集っているところがお勧めです。例えば、「おかあさんコーラス」を掲げるところならばお子さんの居る主婦の方達が多いでしょうし、「シルバーコーラス」ならば、同じリタイア世代であれば話が合うでしょう。自分に合った合唱団を見つけるには、東京都合唱連盟のHPなどで探してみて下さい。